30代でおしゃれに目覚める

大人になってからおしゃれに目覚めた人の記録。アンティークジュエリー好き。

クローゼットを整理した

深夜、目が覚めてしまい眠れなくなり、明日はお休みだし~と思ってスマホをいじっていたら、急にクローゼットの整理がしたくなった。

というのは、新しく買ったレザージャケットや、数年前に買ったウールのコートがカビたら嫌だなぁと思って、湿気対策について調べたんだ。ドアをあげて換気はしていたし、除湿剤は2つ置いているし、最近ペルチェ式の除湿機は買ったので、気になる時は稼働させていた。でも、調べた中でやっていないことは、定期的にクローゼットの中身を取り出して掃除するってことだった。

それなら、クローゼットの整理もかねて、中身を全部出してみよう!と決めて、翌日さっそく取り掛かった。

引っ越してきてから約2年半、最初以外一度も掃除はしていない。カビとかはなくて安心したし、2年半という年月のわりには埃もうっすら程度だったので、一安心。

よく考えたら、掃除してないとはいっても、一番出し入れする手前のスペースだけはたまに掃除機かけていたなと気がついた。ほこり溜まりそうなそこを掃除しているから、奥はあんまりなかったのかな。

で、出したカラーボックスをまた入れるにあたって、配置を変えることにした。

今までは、3段ひとつ、2段ひとつ、無印のダンボールの1段引き出し1段を2つ重ねて使っていた。で、3段のをロフトに置いている2段のと交換して、下の方のすき間を増やすことにする。

置き方も、手前にふたつならべて、サイドにダンボールのを重ねて、ちょうど奥の角部分は、ケースは置かないことにした。除湿剤は置くだけだから、湿気とかこもりそうな奥に空気の流れができやすいかなと思って。ちなみに、ボックス自体もそれぞれすき間をあけて置いている。後ろに木材かませて、引き出しを開け閉めした拍子に動いてすき間がなくなるのを防いだ。

f:id:knym_a:20220923202709j:image f:id:knym_a:20220923202713j:image

 

 ***

 

で、そういった模様替えだけじゃなく、服の整理もとっても大事。

今回は、使い古した下着とか、この夏あまり着なかったものとか、複数あるスーツを減らすなどをしてみた。けっこう減ったけれど、まだハンガーにかけているものが多いのよね。ここを、もっとすき間をあけたい。

ジャケットやコートを着るようになれば、その類はすべてクローゼットから出すから、すき間あくんだけどね。一度着たものは、洗うまでクローゼットには入れない派。着る回数の少ないウールのコートだけ、2日くらい室内に吊るしてから、布カバーかけてクローゼットに戻すけど、例外はそれくらいかな。

レザージャケットは洗いはしないけれど、手入れはしてから戻すことになりそう。まあ、よく着るだろうし毎回は片づけず、シーズン中は外に出して、夏だけクローゼットってことになるかな。

 

***

 

他にハンガーつかってかけている服で気になるものといえば、母からもらってきたピンクハウスとかそれ系統のお洋服。

実家で試着をしたうえで着れるものをもらってきたつもりだけど、家で着てみると、絶妙に似合わない。そりゃあ骨格ストレートだから、似合わないことはわかっているし、それでも自宅とかで楽しむからいいんだけど、色味も似合わないってのが悔しい。

母がずっとそういったワンピース着ていたし、いい年になった私も母が着ていたような服が着たくなったわけよ。でも、体格や身長どころか、骨格やパーソナルカラーも違うなと気がつくことになった。それくらい、冷静に見ると似合わない。あと、どちらかといえば親はふくよかだと思っていたけれど、当時(25年くらい前)のピンクハウスのスカートとか、細身タイプね。私、ウエスト合わないもの多かった。なんとかファスナーしめれたのも、かなりギリギリ。ワンピースにごまかされていたけれど、セパレートタイプのを見るに、ピンクハウスって細身を想定したものだったのね。

というわけで、もらってきたものの、着る機会が極端に少ない。ある意味、自分のクローゼットの中ではワンピースが黄色味の強いベージュで色味も異色。一応色が好きな赤や、似合う水色ももらってきたけれど、どちらにせよ着る機会は少なそう。

そういったものがクローゼットで幅をとっているのがどうかと思うんだけど、金子功がいた当時のものだったり、ブランドタグ自体が「ISAO KANEKO」だったりするもので、デザインが本当にいい感じなのさ。

母が服とか捨てなくて荷物すっごく多いタイプで、なんで着ない服を捨てないんだってずっと思っていたけれど、当時のピンクハウスとかの服は、そもそもお気に入りだから捨てるのは嫌って気持ちを、ようやく理解した。

高い服とはいっても、古着で買ったらしいけどね。それで長く着ていたお気に入り見つけたのはすごいな。

そんなわけで、自分も古着屋でお洋服に出会ってあるから、母はずっとリサイクルショップに売るか何かしたいって言ってたけど、いいところが近くにないらしかった。誰かの手に渡る可能性を残したいってことなのね。とりあえず、その辺のリサイクルショップではなく、ピンクハウス系統を取り扱う古着屋を探せと言っておいた。今は宅配買取もあるしね。そしたら、少なくとも母にとっては、自分の好きな服が、同じようにそういった服が好きな人の手に渡る可能性を高めることになるだろう。

で、私がもらってきたお洋服だけど、母のように思い入れがあるわけではないけれど、処分はできないなぁって。母にとって大切な服なら、私がもらったものくらいは残しておきたいと思うわけよ。子どもの頃、よく着ているの見ているから、私にだって母のイメージはこういった服だし、思い出があるわけよ。

まあ、着ないものをクローゼットに入れておくのは嫌なので、似合わないとはいっても家で過ごす時は積極的に着ようかな。ずっとソファーに座っている時にワンピース着ていると、フリルやタックにしわが寄らないかちょっと心配だけど、まあその辺を気を付けるくらいはできるし。

ちなみに、今日着ているジャンパースカートも、ピンクハウス系統ではないけれど、実家にいた頃たまに私が着ていたからそのままもらってきたけれど、元々は母がよく着ていたもの。ウエストをしぼらないゆったりしたジャンパースカートだから、似合わないのはあいかわらずだけど、黒地に花柄だし、素材もナチュラル系ではないハリがあるものだから、まあまあ着て歩ける。親が着ていたものって、自分には似合わなくても、それなりになじみがあるから着たくなるんだよなーって、実感するわ。

 

 ***

 

とはいっても、今はクローゼットの物をどう減らすかというのが課題。もらったものは処分しないなら、他を処分するか、たたんで収納するしかない。

基本的に、アウターとスーツとスカートやブラウスはハンガーで、ニットとかのトップスはカラーボックスへ。そう書くと、全部かけてるわけじゃないのに、なんでそんなにハンガー対象が多いのかと疑問だ。

f:id:knym_a:20220923202741j:image f:id:knym_a:20220923202745j:image

【アウター】

  • レザージャケット(新規)
  • ウールコート(お出かけ用)
  • トレンチコート(買い替えたいけど今年はレザージャケット買ったから、このまま継続)
  • Pコート(ウールコートを着るほどでもないプライベート用。かなり昔の福袋に入っていた)
  • ロングダウンコート(処分。親が着るから実家行く時に持っていく)

【スーツ】

  • 黒スーツ(実は大学の制服だけど、黒スーツはたまに必要だし体格に合うのでそのまま使用。ジャケット丈長めはともかく、スカート短めは気になる)
  • ジャストサイズのスーツ(研修時に必要で買った。ふだんの仕事はスーツ着る必要ないけれど、ポケット便利だし夏以外はジャケットだけ着ている。スカートも履くのは、時たま)
  • グレージャケット(スカートは大きくて捨てた。ジャストサイズのジャケットは、中に着込むことできないから、少し大きめも残す)
  • 黒ストライプスーツ(グレージャケットよりサイズは合うはずなのに、なぜか似合わないから処分)

【ブラウス】

  • 長袖(仕事用2着ほしいけど、1着は破れていて春に捨てたから、そろそろ買い足さないと。白は別にある)
  • 半袖(仕事用3着あったけど、1つは大きいから処分。白は別にある)
  • ロリィタ専門店のブラウス(新規の長袖。涼しくなってからお出かけの時に着るの楽しみ)
  • リボンタイブラウス(ブルーレーベル。お気に入り)

【スカート】

  • 仕事用(夏と冬で各1着)
  • マーメイド(新規。お気に入り)
  • レースマーメイド(新規。まだ着ていない。もう少し様子見するけど処分になるかも)
  • チェック柄(ブルーレーベル。お気に入り)
  • 赤スカート(そろそろ毛玉ができているから処分するか悩んでいるけれど、色味が好き)
  • デザイナーもの(フランスフェアで集めているデザイナーさんの)

【ワンピース】

  • デザイナーもの3着(フランスフェアで集めているデザイナーさんの)
  • 被って着るワンピース(ハワイアンな感じ。親からもらった部屋着。楽)
  • ジャンパースカート(親からもらったもの。スタイルは悪く見えるけど、なんか気に入っている)

【その他】

  • ブラックフォーマル(ちゃんと試着して買ったし、当時としてはサイズ小さくしたけれど、それでももうワンサイズ小さくすべきだった。店員さんはそうすすめてくれたけれど、当時はまだオーバーサイズの呪縛にかかっていたから、3サイズも落とす勇気はなかった。肩幅あるとか太ってるからと、当時は17号を基準としていたんだ。体格は今とそんなに変わってないのにね。ちなみに今は11号を基準に、その前後を試着して決めているよ)
  • ピンクハウス系統(ワンピース3着、ブラウス1着、セットアップ1着)

 

ちなみに、服はここにあるだけ。引き出しにいろいろ詰まっているけど、引き出しの中ももっと減らしたい。冬になったら着てみてダメなの把握して捨てるのあるだろうな。

 

 ***

 

そういえば、ロフトからカラーボックス持ってきたこともあって、ロフトも整理している。

布団カバーとか夏用のタオルケットとか、使ってないのはもう処分する。鞄は仕事用とクローゼット置きのお気に入り以外は、リュックとリクルートバックだけ残す。他は買取で。

紙袋と不織布バッグはそれぞれ一つの袋に入るだけ置いているけれど、そろそろパンパン。細々としたその他のものも、ケースから溢れかけているから、このへんは一度広げて選り分けたい。

部屋の方も、漫画や書類整理しよう。

 

そういえば、今年買ったばかりなのにほぼ着ずに処分になってしまう服と靴がある。ふだんは使い古しているし燃えるゴミだけど、さすがにもったいなくて買取にもっていくことにした。

まだまだ服とかを買う基準、甘いんだなぁ。もったいないから、買ったのに着ないはあんまりしたくない。ってか今回はサンダルがもったいなかった。2万したのに、痛くて履けない。店頭で確かめたけど、根本的に知識不足だった。気をつけよう。

 

あと、3段のカラーボックスは処分にするけれど、今週粗大ゴミの回収があったらしく、1ヶ月待ちだわ。ソファーの横の隙間に置いたら、図書館の本やおやつ置き場にちょうどよくて、残す選択もありかもしれない。時間あるし悩もう。