30代でおしゃれに目覚める

大人になってからおしゃれに目覚めた人の記録。アンティークジュエリー好き。

化粧って面倒なものだと思っていた

化粧は面倒だし、プレッシャーがあるものだった

どうせかわいくないんだから、やり方もわからないお金もかかる化粧なんてしなくてもいいと、言い訳をしていたのだと思う。

いちおう友だちと出かける時は化粧をしていたけれど、たまにしかしないからうまくいかず、ああやっぱり私には向いてないと諦めていたのだ。

興味が持てないというよりは、興味を持つ自分への抵抗があったような気がする。だから、学ぼうとはしなかった。

使っていたコスメは、ファンデーションとチークとリップのみ。いちおうマスカラは高校の時に興味を持って何度か試したけれど、下手すぎてやめた。

以前は洗顔を毎日しているわけではなかったので、ファンデーションが浮いてしまい嫌だった。ファンデーションをしたほうが肌が汚い気がした。そんな負のループにはいって化粧への抵抗感が育っていき、化粧の仕方を学ぶこともなんだか嫌になって「どうせおしゃれじゃないし」と拒否していたのだから残念だ。

 

お気に入りを見つける

けれどある時、オールインワンというところに惹かれて、ラフラの化粧品がいくつか入ったお試しパックを買った。

www.rafra.co.jp

そしてパーフェクトゲルカラーに感動したのだ化粧水、乳液、美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションがまとまったオールインワンゲルだ。洗顔後、すぐにこれを使うからとても楽だ。というか、私の肌はリキッドタイプが合っていることを知った。

 

f:id:knym_a:20191005213318j:image

 

ラフラの朝用の洗顔フォームと、夜用のクレンジング洗顔を使っていたら、化粧のりの悪さが目立たなくなった。ファンデーション代わりにパーフェクトゲルカラーを使用して、最後にベースパウダーをはたいてテカリを押さえ、チークとリップを塗れば完成だ。

とても楽だった。なのに見た目はいい感じだった。これなら私でも続けられると思った。

まずは休日に出掛ける時は、ちゃんと化粧をするようになった。続けて仕事着を一新した時に、化粧もするようにした。そしたら、仕事中にトイレで鏡を見た時、くたびれた顔ではなくなった。テンションが下がらないまま仕事ができるようになった。

化粧ってすごい。
化粧で気持ちってこんなに変わるんだ。

30代で実感するとか遅すぎるけれど、今だからそう思えたのだし、私にとってはこれでいい。

髪型→ジュエリー→服装→化粧と、どんどん影響が広がって意識が変化していった。人によってこの順番はバラバラだし、ここに恋愛や就職やいろんな要素が追加されたりもするんだろう。

 

広がることがたのしい

「おしゃれなんて」と思っていた私は、30代だけどおしゃれ初心者だ。

わからないことも多いし、今更で恥ずかしくなることも多い。でもせっかく、おしゃれをしたら自分の気持ちが高まって出歩くことが楽しくなると知ったのだから、いろいろなことを知って「たのしい」を広げていきたい。

 

メモ

最近みかけた、安達祐実のセルフメイク動画がかわいすぎた。

安達祐実】セルフメイク動画を大公開!【スキンケア~メイクまで愛用コスメも紹介】 https://i-voce.jp/feed/14754/

youtu.be