30代でおしゃれに目覚める

大人になってからおしゃれに目覚めた人の記録。アンティークジュエリー好き。

フィリグリー(金細工)のブレスレットの魅力にあらがえなかった

ブレスレットは興味薄い、はずだった

ある時、気に入っているアンティークジュエリーのお店に顔を出した。立ち寄っただけなので、買うつもりはあまりなかった。すでにいろいろ買った後だったしね。

私は「身に付けられるものしか買わない」し、「身に付けるものはほぼ固定」っていうスタンス。平日用と休日用で定番ジュエリーがある。もちろん服装や行く場所によって別のものをつけることはあるけど、買い足すものは、「定番が身に付けづらい場面で使えるもの」っていう基準になっている。

そんな中で、ブレスレットは持っていないし、時計もしていないから追加はできたのだけど、あまり興味はなかった。時計も好きなわりに身に付け続けることができないから、手巻きの懐中時計を家で眺めるようになった。というわけで、ブレスレットに興味はなかった。

まあでも、ステキなブレスレットに出会ってしまったわけだよ。

 

フィリグリー細工ってきれい

フィリグリーって金細工って意味らしい。

antique-jewelry.jp

私が気に入ったのはフランスのフィリグリーチのブレスレット。細工は細かいしちゃんと留め具が一体化しているし刻印あるしで、すごくきれい。

でも、正直私がアンティーク好きになるきっかけの指輪と似たような値段で、そんな連発して買うようなものじゃなかった。

ブレスレットは持っていない。最初からブレスレットとして作られたフィリグリーのブレスレットはあんまり見かけない。なにより気に入った。

これで現代ものならお金貯めようと思った。でも、アンティークやデザイナージュエリーは、見送るともう二度と出会えない可能性も高いじゃない? 今までほとんどファッショやコスメにお金を使っていなかったから、一応「使ってもいいお金」としての貯蓄はゆとりがある。一気に放出することに抵抗はあれど、買うことはできる。

そうやってめちゃくちゃ悩んでいたら、クレジットカードのキャンペーンに合わせたら、額が大きいから割引率も高いよと教えてもらって、確かにと気づく。

今まで、そのクレジットカードは初年度以降年会費がかかるし興味がなかったけど、生活圏的にそのクレジットカードのほうが便利だし、一度作ってみてもいいかなって思った。もし年会費のほうが高くつくなら解約すればいいし、ポイントで年会費を軽く上回ってくるなら持続すればいいやーって。

完全に取り置きとまではいかないけど、キャンペーンの時期に連絡するよ言ってくれたので、その時までに本当に欲しいかじっくり考えた。そして、やっぱり欲しいとキャンペーンがはじまったら、意気揚々と買いに行ってクレジットカードも作った。正直、最初の指輪とその次の指輪買った時に作っておけば、かなり早い段階でポイント10%まで駆け上がれたのにね。

 

次はロングチェーンネックレスが欲しくなるわけで

フィリグリーチェーンのブレスレットを持っていたら、そりゃあ合わせてフィリグリーのロングチェーンネックレスが欲しくなる。でも、アンティークとか差し引いても、金が高騰している今、金のロングチェーンネックレスが高くないわけないじゃん?

いいなーと思うものがあっても、すでに出費を重ねている状態では手が出せない値段。でもフィリグリーのロングチェーンネックレスでそのまま残っているものかつ、マーユの部分や全体の雰囲気が好みのものって、今後どれだけ出会えるか不安。でも、ブレスレットみたいに、勇気を出せば買えるってわけじゃない。そんな堂々巡り。

これはやはりジュエリー貯蓄である程度貯めてからじゃないとダメだわって思っている。

ちなみに、まだ記事にはしていないけどこの後もいろいろで揃えていっているので、ロングチェーンネックレスとアンティークカメオのブローチ用の貯蓄はまだできていない。