30代でおしゃれに目覚める

大人になってからおしゃれに目覚めた人の記録。アンティークジュエリー好き。

資産運用をはじめた

貯蓄にも種類がある

大きなお金だけでも振り返ってお小遣いアプリで計算してみたら、ちょっと笑える金額になったので、さすがに反省してお金の使い方を見直すことにした。

私の資産の種類は以下に分けた。

  • 普通貯金にある「日常的に使ってもいいお金」
  • ジュエリーやスマホとちょっと額が大きいものが欲しい時、資格取得や勉強用の「使ってもいい貯蓄」
  • 老後や仕事なくなった時用の「原則触らない貯蓄」
  • 親の介護用の「家族のことで使う貯蓄」
  • 一括支払い済みの生命保険

おしゃれに目覚めてアンティークジュエリーにはまってから、このうちの「使ってもいい貯蓄」をカラにした。後悔はしていないとしても、そりゃあ反省する。

しかも私、非正規なのよね。非正規ながらも安定した働き方をしているとはいえ、収入が正規のようにアップしていくわけではない。結婚しないつもりなら、自分の老後のためにお金をしっかりためておく必要がある。

でも、定期貯金しているだけだと増えることはない。副業もできないから休日働きに出たりアフィリエイトも無理。なら資産運用について考えたほうがいいなって思った。

 

今までのお金のこと

新卒ではいった会社で働いていた3年間は、月5万円の貯金をしていた。その後1年ちょい正規で働いた時は、手動で定期貯金にいれていたので忘れていることもあったけど、いちおう月5万円だった。どちらもボーナスは全部貯金。

そして非正規になってからは、通常貯金に100万円たまったら定期貯金に移すということにしていたから、毎年銀行のキャンペーン時に100万円を定期貯金に移していた。なので、年間で100万円というおおざっぱな括り。

同人にはまったり非正規で不安定になったりしていたので、社会人になった当初の目標には届かなかったけど、おおむね満足する貯蓄はできていた。でもその後ジュエリーを買いだして、使ってもいいにしていた金額を使い切ってしまった。

 

以前は株もやっていた

最初の仕事で特別会員証券外務員資格2種を取得していたけど、国債とか売るためだけの資格で、FPに比べたら簡単。でもいちおう、勉強はしていたから、個人でもネット証券で口座を開設して長期運用の株をしていた(ちなみに今はすべて忘れて初心者レベル)。

ちょうどリーマンショックで暴落中だったんだけど、F1にはまっていたという理由で買ったブリヂストンと、生活圏内で商品券が使えたソフマップ(のちにビックカメラに移管)、そしてラスクがもらえるシベールを持っていた。

基本的には放置。めっちゃ放置。ブリヂストンは三倍くらいになっていたし、引っ越してビックカメラは生活圏になくなり優待券使うの困ったり。ラスクはおいしかった。そこそこ平和だった。でも、放置しすぎてシベールが民事再生手続きをして上場廃止することに、暴落するまで気づかなかった。20万円以上の損害でて悲しかった。

そして、管理しないならやめておいたほうがいいなーって、ブリヂストンビックカメラも売ったの。ブリヂストンがよかったから、まあ最終的にはプラスにはなったよ。でもショックだった。

ブリヂストン保有し続けたほうがよかったのだろうけれど、管理するっていう自信がなかったし、もともと現金化して資格取るための資金にしようとしてログインしたことで大暴落を知ったから、いいの。シベールと相殺されて資金にはならなかったけどね。

そんなわけで、いくら資産運用をしようといっても、管理する自信はないからどうしようって思っていた。

 

ロボアドバイザーを知る

WealthNavi(ウェルスナビ)の特集番組を、たまたま途中から見た。そこで、ロボアドバイザーっていうものを知り、興味を持つ。分散して毎月投資していくなら、私でもできるかなーって思った。というか、資産運用しないと損って感じた。

結果的に、WealthNaviじゃなくてTHEOにしたんだけどね。毎月1万円でゆるゆる続けられたらって思ったんだ。ちなみにまだ口座開設手続きの途中だよ。

 

つみたてNISAとiDeCoを知る

ロボアドバイザー経由で、簡単に分散・積立でできる資産運用はないかなーって探したら、つみたてNISAとiDeCoのことを知る。非課税ってところがいいね。あと20年間引き出せないのと、60歳まで引き出せないっていう縛りが魅力だった(絶対引き出せないわけじゃない)。

でもここで悩んだ。ネット証券が当然おすすめされるんだけど、基本的に放置して管理をおろそかにする私は、株の失敗で自分への信用をなくしていた。しかも、長期保有する気なら、もし将来私が寝たきりになったり、認知症になったり、死亡した場合、ネット証券だと親族が手続きするの大変じゃない? 存在わからないんじゃない? と不安になった。

それなら大手証券会社で、ちゃんと店舗があって対面営業してくれるところがいい。株式と違ってつみたてNISAとiDeCoなら、商品の差はあれど、手数料の差はない(正確にはあるけど、私が使いたい大手証券会社と口座を持っているネット証券の差はなかった)。株式投資したかったら手数料の差は歴然なので、ネット証券使うけどね。

 

セミナーに参加して口座を開設する

珍しく平日にお休みだった日、大手証券会社で資産運用のセミナーがやっていたので予約した。内容は基礎的な投資や資産運用の考え方をわかりやすく説明してくれたので、おもしろかったよ。詳しい人には物足りないかもだけど、私みたいに(かつて資格は持っていたといってもすべて忘れている)無知な人間には、とてもためになった。

セミナー後に、もともと口座を開設するつもりだったから手続きをした。平日の休みなんてそうそうないし、作れる時に作りたい。めあてのつみたてNISAとiDeCoは後日郵送で申し込むことにしたので、改めて悩む時間も確保した。

対応してくれた人は、若い方で、私の抱いている不安にずばり応えてくれるわけではなかった(私がうまく伝えれなかったのもある)。でも丁寧に商品や手続きの説明をしたり、困ったらちゃんと上司に確認に行ったりと、好感もてた。

なまじ過去に金融機関に勤めていたから、難しさはわかるもん。適当なことを言うんじゃなくて、基本の説明が丁寧で、判断に迷うことはきちんと聞きに行く人は好き。

なので、もう一度気になるところを確認してから、つみたてNISAとiDeCoの書類送ろう。手続きに時間がかかるから、いろいろはじまるのは来年になるだろうけど、たのしみ。

 

その他の貯金

もちろん、定期貯金も引き続き行うよ。今年度から7万を定期貯金にいれていたけど、1月から貯金や資産運用に回すのを10万にアップ。実家暮らしだからできる荒業。

  • 定期貯金 3万
  • つみたてNISA 3万3千
  • iDeCo 1万2千
  • ロボアドバイザー 1万
  • 百貨店 友の会 5千
  • ジュエリー貯金 1万

友の会は、1年後に+5千円をプラスしたお買い物券として帰ってくるの。百貨店でしか使えないけど、使う予定があるならお得。使っていた貯金は、使わなかった生活費もプールして、ジュエリーとスキルアップ資金としてコツコツ貯める。

 

定期的な出費

定期的な出費は考慮に入れないと大変なので、これも確認。

  • 奨学金返済 13,500(高校分は返済完了した)
  • スマホ代  約5千
  • 家に入れるお金 2万

家に入れるお金がかなり少ないけど、非正規になった時に親が気遣って減らしてくれた。非正規でも安定してきたからそろそろアップしてもいいんだけど、将来的に親の介護は私が全面的に請け負うことになるだろうから、それまでは甘えておこうって思った。介護で働くことができなくなる可能性もあるから、そこを想定した貯蓄をしておきたい。