30代でおしゃれに目覚める

大人になってからおしゃれに目覚めた人の記録。アンティークジュエリー好き。

2019年買ってよかったものは、アンティークジュエリー!

今週のお題「2019年買ってよかったもの」

2019年は、おしゃれに目覚めた年だ。

正確には2018年度の年末ごろに髪型を変えたことからだけど、加速したのは、ネイル→指輪→アンティークジュエリーという流れで、あの指輪に出会ったことだ。

awakenosyare.hatenablog.com

awakenosyare.hatenablog.com

awakenosyare.hatenablog.com

awakenosyare.hatenablog.com

 この4つの記事が、私にとっての大事な転機。 

だからこそ、「2019年買ってよかったもの」は、アンティークの指輪。ルビーとダイヤの素敵なもの。この指輪が見劣りしないように服装にも意識を向けるようになり、私はどんどん変わっていった。

 

はじめてのアンティークジュエリー

はじめてだから、なんの知識もないときの一目惚れ。お値段だって、あんな高額な支払いをしたことはなかった。

本当に勇気がいったし、ジュエリーに出費していいのかと不安にはなったけど、後悔は一切ない。見るたびにうれしくなるし、ああ出会えてよかった、あの時買うっていう決断できてよかったという気持ちのほうが強いからすごい。

人から見たら、アンティークのルビーとダイヤの指輪ならもっといいものがもう少し安くあるのにって言うかもしれない。実際、いろいろ「これもいいな」って思うルビーとダイヤの指輪はいくつか見た。

でも、じゃあ今ある指輪よりそっちがいいかと言われたら、NO。

だって、この指輪があるからこそ関心を持って意識的に見るようになったのだし、指輪がなければたぶん気づいてもいない世界だった。

というかそもそも、ショーウィンドウの指輪は「きれいで素敵なもの」。今手元にある指輪は「私の素敵なもの」。「これは私のものだ」って強く思ったのは、やっぱりこの指輪なんだよね。

その後もいくつかアンティークジュエリー買っているけど、どれにだってその気持ちはある。だからこそ買った。でもやっぱり、一番「これは私のものだ」って意識が強いのは、最初の指輪。

そんなわけで、私にとっての「2019年買ってよかったもの」は、この指輪!(そのくせ画像はあげないのは、アンティークだからほぼ1点もので、見る人が見ればわかっちゃうから)