30代でおしゃれに目覚める

大人になってからおしゃれに目覚めた人の記録。アンティークジュエリー好き。

質流れでイヤリングを買う

プラチナのチェーンネックレスを探していた前回に引き続き、今回はイヤリングを求めて質流れをのぞきに行った。

awakenosyare.hatenablog.com

 質流れはバックが特に人気だけど、私はブランドのバックや財布への関心は薄いので、見るのはジュエリーだけ。時計は気にはなるけど、知識がないので中古は見ない(知識をつけようとしない程度の気になるなら、高いものには手を出さない)。

ジュエリーは相変わらずたくさんで目を楽しませてくれるけど、お店によって、ブランドを前面に押し出すところや、石や金種や種別で分類するところと様々なのがおもしろい。

私はブランドか否かはどうでもよくて、気に入ればブランドもノーブランドも関係ないって思っているから、ブランドで声掛けされるの苦手。でもブランドもので高額商品は、めっちゃ贅沢な作りのがあったりして、別格扱いで展示されているの見るの好き。

今回はイヤリングを求めてはいたけど、やっぱ見るなら指輪が好きでいろいろ見ていた。きれいなのたくさんでたのしかったんだけど、やっぱりどう考えても、アンティークで揃えている手元に現代ジュエリーはなんか合わない。

定番を変えるつもりはないから、今の手元に追加の扱いになるか、せめて夏と冬で指の太さ変わるからそこで少し変化がもたせられるようにするくらいなのだけど、質流れで見るジュエリーは安くても、なんか違うなーって思っちゃう。

たぶん私は、ブランドというネームバリューはどうでもいいけど、アンティークというネームバリューは好きなんだろうね。アンティークだって中古だし、質流れでもいいはずなのにね。まあ、デザインや石のカットの好みが、ヴィクトリアン時代やエドワーディアン時代ってのもあるんだろうけど。

そんなわけで、イヤリングそっちのけで指輪を見てはいたけど、イヤリングも気にはしていた。

本当は、ダイヤモンドのスタッドピアスが欲しいのよ。一粒ダイヤが耳元で輝くと、顔が明るくなりそうだし。でもピアス穴ないし、イヤリングがいい。イヤリングだと、一粒は微妙。

だからどんなのがいいか悩みに悩みつつ、気に入るのあればいつかほしいなーくらいだったの。すでにルビーの花と、揺れる真珠と、リバーシブルでシンプルなピアリングは持っているし。

で、ようやく見つけたのはゴールドでフープっぽいの。ダイヤも入っている。わっかの部分は揺れるようになっていて、ピアリングとはまた違った表情を見せてくれるところが気に入った。

もうひとつはプラチナのわっかにダイヤが埋め込まれているの。手元はゴールドだけど、耳元やペンダントはホワイトもあるし、なによりダイヤはプラチナのほうが映えるから迷った。でもゴールドがほしいしなーと。

さらにゴールドで存在感のあるダイヤが三つ並んだやつ。TASAKIだった。他のは3万前後のなか、これは11万。すてきだったけど、11万を出すにはこれぞという決め手がなかった。11万あれば気になるアンティークの買えるし。

そんなわけで、フープっぽいのにした。小さなダイヤが5粒で控えめだけど、使いやすい感じ。なにより、ゆらゆらわっかが揺れるのが好き。持っているピアリングとダブル使いしてみるのもいい感じだった。

ただ、シリコンカバーがついていなかったので、今度買わねば。ないと落としそうで不安。帰りに東急ハンズ寄った時に、買えばよかったなー。近場のジュエリーリフォームのお店とかで買えるだろうか。さすがに失礼かな。でも買いに行くには大きな駅に出ないとダメだから、ついでがないと交通費がかかる。交通費かかるなら、送料だしてネット通販でいいしなー。

なにはともあれ、今回も質流れでいい感じのに出会えてよかった。