30代でおしゃれに目覚める

大人になってからおしゃれに目覚めた人の記録。アンティークジュエリー好き。

キラキラしたダイヤモンドの指輪は偽物だった

親のアクセサリーボックスに、ティファニーのリボンリング風のダイヤモンドリングがあった。1ctあるやつ。

キラキラしててとってもきれいなんだけど、きれいすぎるし、UVライト当てても蛍光性があるメレはなかった。刻印もあるけど微妙で、偽物だろうなぁとは思いつつ、万が一にも本物だったらとも思って、親に報告の上もらった。

自分のジュエリーボックスに入れている限りは、ゴールドの指輪ばかりの中で浮く気はするけど、華やかさUPで見目はたのしい。しかしやっぱり、本物か気になる。

息を吹きかけてすぐに曇りが晴れたらってのはやったけど、すぐ消えるしいまいちわかんない。刻印もカラット数はあるけど「D」とかはない。あと950だから、シルバー?とも思う。なにより、石の裏の穴があんまりきれいじゃない。全体的に、粗い。

 

でも、自分じゃわからないものは仕方がないので、ジュエリーリフォームのお店に行ってきた。もし本物だったら、指輪じゃなくてペンダントにリフォームしたかったし。

いま、イエローゴールドのダイヤモンドのペンダントが欲しいのよね。持っているアンティークのダイヤの指輪とデザインが合うのがほしくて、でもイメージに合うのが見つからないからオーダーしてみようかなーって。

だから、本物ならペンダントにリフォーム、偽物ならジュエリーボックスのにぎやかしにしようって、ジュエリーリフォームのお店で本物かどうか聞いたの。

結果、やっぱり偽物だった。残念!

 

まあそれは予想していたことだからいいんだけど、ペンダントがほしいなぁって最近考えてたから、既製品でもオーダーでもアンティークでも、いま欲しいと思っているイメージに合うものを探したい。

でも、やっぱりまだ出張とか理由がない限りは人ごみに出たくないなぁって躊躇っている。この前の出張帰りにお気に入りのアンティークジュエリーショップで、すごく気になるペンダントは見つけたけど、ホワイトゴールドなのね。ダイヤモンドだからホワイト系が多いのはしょうがないのだけど、惜しい!

そのペンダント、年代的にアンティークじゃなくてビンテージだったんだけど、石留も裏からたっぷり光がはいるようになっていて、本当に素敵だった。

でもやっぱり、手元が全部イエローゴールドだし、ペンダントもイエローゴールドがいいんだよな。それに、ビンテージとはいえダイヤたっぷりだし、高い。日常的に使えるものと思っていたから、カジュアルめのがほしかったし、予算は10万前後で考えてたから、その何倍もするのはなぁって。

今度、もうひとつのアンティークショップに寄りつつ、百貨店のジュエリーショップをいろいろ見たいな。