30代でおしゃれに目覚める

大人になってからおしゃれに目覚めた人の記録。アンティークジュエリー好き。

ネックレスをさがして

土曜日のこと

私は今、ネックレスを探している。襟のあるブラウスやTシャツにも合う、イエローゴールドのものだ。手元がイエローゴールドばかりだし、ネックレスもイエローゴールドがいいなって。ペンダントでも、デザインチェーンのみでもかまわない。休日に気軽に身に付けたいんだ。

自粛をしているので普段はお出かけしないけれど、用事があって出かけた帰りに百貨店エリアを通れば、チラッとのぞいているのだけど、今のところ気になるものが2点ある。

ひとつは、アンティークジュエリー。ローズカットの大粒のダイヤモンドと、たっぷりとしたゴールドのチェーンとペンダントヘッドが圧巻。どう見たってラグジュアリーで、貴族的なものなんだけど、身に付けてみたら意外とただのブラウスにも馴染む(と思った)。しかしこれはゴールドだ。布か?と問いたくなるほど金糸が繊細に編み込まれた職人技が半端ないハイクオリティーさのゴールドだ。ローズカットのダイヤモンドだって、キッラキラで、ローズカットってこんなにファイア出るんだ!?と驚くレベル。眼福だし、とってもほしい。しかし私が求めているのは身に付けやすいものだ。さすがにこれはTシャツとかは無理だ。

もうひとつは、カールブラックバーンのアイテムだ。アールデコとかアールヌーボーのトレンドを取り入れたヴィンテージスタイルなので、アンティーク好きの私にとっては好みのデザイン。しかも、ミル打ちや石裏の処理もとても丁寧。この丁寧さなら、高くてもお金を出せる。普段使いしやすいデザインかつ、イエローとホワイトの両方を使っていて、よく身に付ける指輪との相性も抜群。そういえば指輪は1920年代のだから、ブランドが重きを置く時代のものだね。そりゃあ相性いいか。気になるポイントはチェーンがホワイト系だけど、身に付けて違和感はないんだよな(翌日ここが重要な要素だったと気づく)。

www.yoshidia.com

使いやすさで言えば断然後者に軍配があがるけど、アンティークの気になるやつと値段同等なんだよ。私が持っているジュエリーの中で一番高額になるし、それならアンティークがほしいなぁって。悩ましいね。

そういえば、私が持っているアンティークで一番のお気に入りはヴィクトリア期の指輪だけど、エドワーディアンも好き。ホワイトでダイヤモンドが敷き詰められていて本当に見ていて楽しいけど、日常使いには向かない。ブローチはエドワーディアン風のもっているけど、なかなかつける機会ないので、たいがい家で眺めてはにやにやしている。あとはアールデコの時代のダイヤの指輪二つもよく身に付けているし、フィリグリーのブレスレットもお気に入り。そう考えると時代の統一感はあんまりないけど、自分の好みで買うから意外としっくりまとまっているんだよね。すごい。

 

日曜日のこと

用事があって再度百貨店エリアに出たから、百貨店をいくつかめぐっていろいろ見た。それこそ、百貨店の上の方でカルティエとかヴァン クリーフ&アーペルとかが専用エリアでやっているようなところもね。入る時は、検温と消毒をして、スタッフがついてくれるっていう、普段よりさらに入るハードルが上がっている感じだったけど、ジュエリー武装したから勇気出して入ったよ!

お値段はかわいくないけど、やっぱり可愛かったりきれいで、目的があって入るとこちらもどんなの求めているか言えるし、スタッフさんもより好みに沿った対応になるから、見れてよかったなと思う。

けど、どうしてもお高めのブランドジュエリーは、そのブランドの特色が良く出ていて、アイコン的なんだよね。本来ならそれでいいんだけど、私のメインはアンティークで、それとの兼ね合いが大事。パッと見た時、まずブランド名が思い浮かぶデザインはダメなの。アンティークよりそっちに目が行くのは嫌なの。そんなわけで、いろいろ見せてもらったけど、違うなって思った。

そんなわけで、ミルが素敵なヴィンテージスタイルで、よく身に付けるダイヤの指輪との相性ピッタリだった、カールブラックバーンのネックレスを購入したよ。同等の値段アンティークのネックレスと迷ったとはいえ、やっぱり当初の目的は普段使いできるものだからね。ホント細微なところまで丁寧でときめく。手持ちのジュエリーとの相性もいい。とっても幸せ!趣味や家電用のプール金は消えたけど幸せ!

しかし実は、買った直後にその日の本来の目的であった、パーソナルカラー診断とかしてくれるとこに行ってきたんだよ。そこでまさかの診断をもらい、ちょっと動揺することになるのだった。その診断の感想自体は別記事にするけど、ちょっとだけ先に書いておく。

ずっとイエベ、かつオータムだろうなと思っていた自分が、まさかまさかのブルべのサマーという結果だったのだ。え?マジで?動揺したよ。だって私のもっているジュエリー、仕事用以外は全部イエローゴールドだよ!?けっこうなお値段だよ!???ってかまさに、ネックレス買った直後だしね!しかもそれは、持っているジュエリーの中で一番の高額になったからね。これがもし似合わないとか恐ろしすぎるね!?

でも、チェーンはホワイト。お店でイエローのチェーンを通した場合の様子も試さしてもらったけど、そっちはなんか違ったなと思って、ホワイトのほうが合うなとか思ったけど、そもそも私自身がホワイトのほうが合っていただと……?もしかして、ホワイト一色のほうがよかった??選択ミスった???

いやいや、でも指輪やブレスレットはイエローばっかだし、お気にいりだし、ホワイトのほうが似合うとは言われてもそれを身に付けなくなることはないから、顔回りにホワイトのチェーンでペンダントトップがイエローとホワイトのコンビのネックレスが正解だった!ここで全部ホワイト一色にしたら、手元とちぐはぐになって、どちらかが使えなくなっていたかもだから、コンビが正解!セーフ!!ありがとうコンビ!!!

動揺を鎮めた後日、診断の感想も書くね。