30代でおしゃれに目覚める

大人になってからおしゃれに目覚めた人の記録。アンティークジュエリー好き。

パーソナルカラーや骨格診断を受けてきた

服選びの基準がほしかった

去年買った夏服があまりにも似合わない。胸元にブローチが付けられて、脇が見えないトップスとか思って選んだし、同じ形の色違いを揃えたりもしたくせに、今シーズン改めて着てみたら、まったく似合わない。半袖で袖口にデザインがはいっていてボリューミーなのよね。肩幅がある私が着ると、上品とかかわいらしいじゃなくて、がっちりしてて似合わない。なんでこれ選んだの? 一年越しに自分にツッコミを入れてしまったわ。

服ってどう選べばいいんだろうね。その時々で条件が合って、それに合致すれば買っていた。でも条件が先行して、似合うとか似合わないとかがおざなりになっていた気がする。

じゃあ、判断基準を持てばいい!自分の好みが基準っていうのは当然だけど、客観的な基準もほしい。そんなわけで、パーソナルカラーや骨格診断に興味を持った。

以前、電子書籍のセール時にこんなファッション本を買ったんだよ。これが絶対ではないにしても、こういう色や服が似合う傾向にあるとかわかるだけでも、だいぶ助かるよね。それこそ、スーパーの安い服だけじゃなく、ショップの服も買う勇気がでる。

www.seitosha.co.jp

本で読む限り、自分はイエベのオータムで、ナチュラルかなって思った。でも、自己診断って思いこみがあるからあんまり信頼できないし、お店で見てもらいたいなって思ったの。

調べてみると、大丸松坂屋のファッションナビプレミアムでやっている、ファッションタイプ診断がお手頃だと知った。

dmdepart.jp

ファッションタイプ診断は、パーソナルカラー、顔タイプ、骨格診断がセットになっているものなのだけど、以前は単品で3000円台であったみたいね。今はセットメニューのみだけど、はじめての私にとってはセットのほうがうれしいな。13200円は高いけど、診断系は総じて高いから、むしろ安い部類にはいるみたい。あとは、百貨店っていう安心感も、私にとっては大切だったりする。運良く予約も取れた。

そして、ネットで体験レポとか見つつウキウキしながら迎えた週末がやってきた。その週末は、珍しく土日に出かける予定が入っていたのね。コロナで自粛するようになった2月半ばから、百貨店エリアの駅に出たのは、出張があった6月1回と、美容院に行った時だけ。その週末2日とも出かけるなんて、けっこう異例だったわ。土曜は仕事関係だったけどね。

そんなわけで、土曜日のネックレスの下見がてら、帰り道に百貨店は覗いていたのよ。そこで気になるものを見つけつつも、何も買わなかった。けど、日曜にまた来たら、やっぱり欲しいなって、クレジットの上限を一時増額してジュエリーを購入。しかし後ほど、これがかなりリスキーな行動だったことを知る(ひとつ前の記事でも書いているけど、この記事と合わせて読んだほうがわかる)。

パーソナルカラー診断

さて、たどり着いた大丸のファッションナビブースでは、感染予防対策についてまず説明があった。その後、いざ診断スタート。

基本的なパーソナルカラーに関する説明と、ドレープを使っての診断。色味の違うドレープあてるのおもしろかった。眼鏡をはずしていたものの、ある程度は見えるから、色によって顔色が変わるのわかったよ。色って、すごいんだね。

自分ではイエベのオータムだと思っていたし、好むカラーもオータムに分類されるものだったんだけど、まさかまさかのオータムが一番肌がくすんで見えて、合わせにくい色だった。なんか、暗くなるの。

でもイエベのつもりだったので、じゃあスプリング?と思ったら、サマーという診断。ブルべってところに愕然とする。サマーの中でも4つに分類されるようだけど、サマークールでサマーど真ん中。濃いめの色がほしかったらウィンターも合うよとも言ってもらった。

イエベだなって思っていたから、ブルべと聞いて青天の霹靂って感じだけど、確かに実際にドロープ当てて見せてくれたり、話を聞いていると、ブルべっていうのも納得ではあるのよね。

ってか、今まで顔色が明るく見えるより、なんか暗く見えるほうが地味で落ち着いていた気がする……。だからオータム系の色ばっか好んでいたのかも。スタッフさんも、顔色が明るくなる色を似合うと伝えていて、暗くなりがちな色がダメというわけではないよということは言っていた。自分をどう見せたいかは、その時々や気分によって違うもんね。

でもさ、仕事ではブルーと白、グレーあたりをつかったブラウスと、青のスカートかジーパンを仕事用にしているのよね。最近は付けられなくなったけど、仕事用のアクセサリーはプラチナのネックレスとシルバーの指輪。時計もシルバーだな。このほうがシャキッと見えるから、仕事では寒色系でまとめていた。このシャキッと見えるが、顔色とかが明るく見えてたからそう感じていたのかもしれない。職場のトイレの鏡に映る自分が暗いと余計に疲れるから、ちょっとでも明るく見える格好にしたかったのよね。無意識にブルべの片鱗があった。ちなみに好きな赤色は、ネームカードのストラップとか小物で使っている。

休日は、黒と赤系や茶系とかの暖色が多い。さわやかさより、かわいいけどきれいめな感じ。身に付けるジュエリーはイエローゴールドでほぼ統一。

そう、ジュエリーはイエローゴールドなのよ!手元は、4つ指輪をはめることが多いけど、全部イエロー。うち2つはダイヤの土台のみホワイト系だから、コンビともいえるかな。ブレスレットはイエローゴールドのフィリグリーチェーン。耳元はホワイトかコンビしかなかったけど、イエローでまとめたい時用にイエローとダイヤのイヤリングも今年ゲットしていた。ペンダントは、冬はイエローゴールドの金具のカメオを淡水パールのネックレスに通して使っていて、エドワーディアン風のダイヤギラギラのホワイトのブローチペンダントは、お気に入りのわりに使いどころに迷う感じ。ペンダントは他に、ルビーフラワーのコンビがあるけど、かわいらしくて、格好によっては浮いてて気になっていた。

だからこそ、イエローゴールドのペンダントを探していた。前日の下見の結果、診断前に購入した。まあ、当初はイエローゴールドで探していたとはいえ、最終的にはチェーンはホワイトで、ペンダントトップはコンビのを買ったけどね。

なのにブルべでホワイト系のほうが似合うって、衝撃的だよね。ジュエリーにつぎ込んだ金額を思うと、震えるよね。ほんと、ネックレスをホワイトチェーンでコンビのペンダントトップを選んでいてよかったわ。お気に入りのイエローのジュエリーにも合わせられる。コンビは強い。

それにしても、今まで「なんか変」と思っていたものの理由が見えてすっきりした。しかも、似合わなさそうって避けていた色が似合うって教えてもらったし、選択肢が増えてうれしい。好きな色だけど合いにくい色は小物に使ったり、組み合わせの仕方を工夫したり、同じ赤でも色味を意識して取り入れられるから、いろいろ見て考えるの楽しそうだね!

ジュエリーもね、やっぱりイエローゴールドは好きだし、今持っているものはとってもお気に入り。だから、身に付けていくけど、そこにホワイト系も入れる楽しさができたってことだと思った。ネックレス買ったからしばらく買う余裕はないから、ジュエリー系はまた来年以降考えよう!いまはお気に入りを堪能する。ネックレスのチェーンはホワイトだから、顔回りはそれで明るくなるし、コンビのイヤリングはあるし、問題なし。

顔型診断

顔型ね。これは太ったり痩せたりで変わることもあるみたいだけど、私は角型だった。あとは丸型寄りでもあるらしい。ようは童顔かなーって感じらしいけど、確かに前髪を作ると一気に幼くなるんだよね。納得。

顔型は、どっちかっていうと髪型考える時に気になるね。今は前下がりのボブで、前髪なしだから、たぶん顔型に合う髪型なんだと思う。

メイクもサマークールの色味を参考にしつつ、顔型に似合うようやってみたらいいんだろうね。まあ今はマスクしているから、チークやリップは関係ないけど。

骨格タイプ診断

そしていよいよ骨格タイプ診断!

肩幅あるし、指輪は根本で回るし、ナチュラルって思っていたんだよ。でもね、ストレートだった!手とか足に丸みがあって、痩せてもストンとした体形にはならない感じらしい。納得。

で、似合う服の話もたくさんあったよ。自然素材の生地が合うこととか、オーソドックスで直線的なデザインの服が合うこととかを聞けて楽しかった。Iライン意識しているといいらしい。鞄とか靴も、30代になってから買ったのと合致しててひと安心。あと本貴石のジュエリーが似合うんだって。やったぁ!

ストレートに似合う服のデザインは基本的に好きな感じなんだけど、タイトスカートとか深めのVネックとか、避けていたものもある。でもそれって、10代~20代前半の頃に「似合わない……」って思って避けるようになったものだし、たんに年齢と合わなかったのかも。顔も童顔寄りだしね。でも今ならいける幅広がってそうだし、試してみたいな。

あと、肩幅があるからついつい大きめの服を買いがちだったんだけど、オーバーサイズよりは、肩がフィットしているものが良いらしい。大きいとだらしなく見えがちらしくて、わかるーって思った。今まで自分がダサいって思ってきたのは、オーバーサイズの服が多かったせいだと思う。

あんまりおしゃれに興味なかった私は周りとファッションの話してなかったし、自分に自信もなかったから、身体の線がでないオーバーサイズのほうがいいんだと信じ込んできた。新社会人になった当初の仕事は制服だったけど、今思うと大きめでやぼったかったのよね。しかもストレスで10キロやせたから、よりヤバかったと思う。

大きめを買うほうがいいという思い込みを抜けだしたのは、実は去年。Lばかり買っていたけど、Mを試着してみたら胸元がすっきりしてよかったの。その後も癖で、Lしか試着せずに買っちゃうこともあるけど、なるべくサイズ違いの試着をするよう心がけるようにはなってきたよ。

店頭での説明

診断が終わったら、フロアのショップをめぐって、こんなのが似合うって現物を見ながら教えてくれたのがよかった!この服はこうなっているから似合うとか、この服はちょっと難しいけど、着たいならこういうのと合わしたらいいかもとか、色はこんな風に組み合わせてもおもしろいとか、すーっごく楽しかった!

もう閉店の時間が近づいていたし、今回は買わなかったけど、何点か気になるものはあったよ。一度クローゼットの中を確認して、買い足したり差し替えたりするものは何か考えてみて、欲しいものと手持ちのものがちぐはぐじゃないか確認してから、買いに行きたい。

どんなものが似合うかっていう基準があれば、その中で自分の好みと相談したり、はたまた思い切って新たな扉を開いてみる勇気が出そうでいいね! 

診断のおかげで視野が広がった

そんな感じで、ファッションタイプ診断はとーってもおもしろかったよ!やっぱり、服選びの基準ができたのがうれしい。それだけじゃなくて、今まで避けていた色や服も、似合うならと挑戦してみる気になったのもいいな。好きな色が合わせにくいかもと知ったけど、ようは組み合わせを考えればいいってことだもんね。というか、どのタイプでも主な色は色味違いで入っていることを教えてもらったことは心強かったな。スタッフさんは、診断して似合う色を教えてくれつつも、合わせにくい診断になっちゃうものに関しても、前向きな言葉を示してくれるいい人だった。

あと、今まであんまり興味なかったアイメイクをやろうって気になったよ。二重だしまつげもけっこうあるから、マスカラはいらない(高校の頃さんざん練習したけど不器用でうまくいかなかったから放棄した)。でも、アイシャドウはやってみたい。しばらくは、100均コスメで色味を試してみて、イメージ持てるようになったら百貨店のコスメフロア行きたい。まあ、再び自粛モードを強化するので行けるの数ヶ月先になりそうだけど。

そんなわけで、診断受けてよかったー!これからいろいろとおしゃれ楽しみたい!自粛でおうちスタイルが中心だけど、おうちの中でも自分の気持ちがアガるおしゃれしよう!