30代でおしゃれに目覚める

大人になってからおしゃれに目覚めた人の記録。アンティークジュエリー好き。

ジャストサイズの服に憧れて

先日、佐藤治子さんの本を読んだ。

『普通の服を、はっとするほどキレイに着る』佐藤治子 宝島社tkj.jp

マダムHという名前でブログをしているらしい。私がたまに見ているミランかあちゃんにゲストとして出ていたくらいの認識だったけど、書名が気になって読んでみた。

youtu.be

40代、50代を想定して書かれた本だけど、30代でも参考になることはあった。個人的に一番好きだったのは、「服装の基本は、ジャストサイズ」という言葉。

今はゆるい服が多い。でも、あれって雑誌で見るとかわいいけど、試着するとなんか違うのよね。私は肩幅があって、バストなくて、下半身が太いタイプ。骨格はストレートだからくびれはできるけど、痩せているわけじゃないからお腹はぽこっとしいる。つまりは、ゆるっとした服装は肩幅に合わせて大きく見えるし、くびれがわからないから、下半身の太さが強調されて太って見えるんだ。なんか、だらしなくて老けて見えちゃう。

だからくびれがわかる服装のほうが好き。お腹がぽこっとしちゃうのが気になる時は、おでかけの時は紐がないタイプのコルセットを身に付ける。

でも、ゆるい服が多い今は、なかなか気に入るものに出会えないんだよね。いいなって思う服があっても、肩幅に合わせると胸元があきすぎてだらしなくなっちゃう。

そんな中で、先日「これだ!」というワンピースに出会えた。フランスのデザイナーさんのやつ。とってもうれしかった。

awakenosyare.hatenablog.com

 あと、今の流行とは関係なく、小さいころから大きめの服を着ていたから、自分で服を買うようになってからも大きめ買っていたのよね。試着もせずに。

新卒で入った会社は制服だったけど、ちゃんと採寸して頼んだ割に大きかった。採寸より大きめを書きこんだから当然。しかもストレスとで体重が10キロ落ちたから、上司に「新しいサイズを頼みなさい」と言われるくらいに大きくなっていた。さすがにあの時ほどサイズが合ってないない服はなかったけど、でもやっぱり、いつも「ちょっと大きい」が標準だった。

それが「おや……? もしかしてワンサイズ落としても問題ない?」と気がついたのが、ブラックフォーマルを購入した時。イオンの服売り場で買ったけど、その時に対応してくれたスタッフさんにサイズを聞かれて「15号くらいかな」って答えたら、それは大きすぎると言われて13号を渡された。実際に着てみたら、13号で全然OK。目から鱗だった。スタッフさんはもう11号でも大丈夫じゃないかとは言っていたけれど、肩幅があるというコンプレックスから、着もせずに無理ですって言って、13号を買った。今から思えば、試着だけでもすべきだった。その後、ちゃんと試着をして服を選ぶようになってからこの13号の服を着ると、少しゆったりしすぎていることがわかるようになった。

これを機に、ちゃんと試着をするようになった気がする。そしたら、同じショップのトップスでも合うサイズは違うことを発見した。いつもトップスもボトムスをLを選んでいたけど(アウターやカーディガンに至ってはFじゃなくサイズ展開ある時は、LLを選びがち)、Lだと胸元が開きすぎて結局着なくなりがちだったんだよね。それが解消した。胸元が開いているものはMのほうがきれいに着れて、詰まっているものはLのほうがきれいに着れるものが多い。もちろん肩幅が小さすぎたらダメなんだけど、それは着てみて判断したらいいんだってわかった。

そんな感じに、自分にはゆるい服よりジャストサイズの服のほうが似合うんだと学習して、「心配だから少し大きめを買う」っていう癖をやめるようになった。靴については、サイズ大きめ選びがちと気づいたのは最近。

awakenosyare.hatenablog.com

 あと、『普通の服をはっとするほどキレイに着る』でよかったのは、ヌードサイズと仕上がり寸法の違いが知れたこと。インターネットで服を購入したことはないけど、ネット購入する人にとってはこの知識必須だと思った。店頭で買う時も、いくつかのサイズを試す時もどのサイズを比べるかを判断する指針になるよね。あと、シャツとかスカートとか、サイズの選び方の記述もよかった。既製品がジャストサイズなことはないから、どこに合わせるかってことも書いていた。

4月になると、防寒対策優先だった仕事着が、シャツとスカートで、気温調整はカーディガンになる。前に使っていた長袖シャツはユニクロで、くたびれてしまっているからあたらしいの欲しいな。形状記憶のシャツを3着買おう(洗濯が2,3日に1回のため)。