30代でおしゃれに目覚める

大人になってからおしゃれに目覚めた人の記録。アンティークジュエリー好き。

首元の詰まったブラウスが着たい

私は骨格ストレート。首元が詰まったトップスは苦手といわれている。たしかに、首回りがあいているほうがスッキリ見える。

しかし私は、ロリィタ寄りのフリルブラウスが着たい。首元が詰まっていて、リボンをきゅっと結びたい。

実際、ロリィタブランドのブラウスを今年買って、お気に入りなんだよね。別のブランドのブラウスも検討中で、それも首元は詰まっている。かわいいんだー。

夏服もリボンブラウスは買ったけれど、そっちはきっちり首元の上の方でとめるわけじゃなく、ネクタイ風に結んだらけつのう首元がスッキリしていた。形としてはオフィス向けでもある感じの。だから気にならなかったけれど、夏以外は首元まで詰まっててリボンやネクタイしたいんだ。

ちなみに仕事用のブラウスはシンプルなタイプだけど、それは第一ボタンは外して首元を開けている。おしゃれ目当てでない仕事の時は下を向くことも多いから苦しいの嫌だし、そもそもリボンとかしないならあけておきたい。上まで閉めるのは、リボンやネクタイとかをする時なんだ。それがないのに上までしめると、私には似合わないと実感する。

それでも、オシャレをする時はクラシカルな格好をしたいんだ。首元にきゅっとリボンを結びたいんだ。

骨格ストレートは上まできっちりとめるブラウスは苦手。リボンとかフリルとか装飾あるのも苦手。わかっているよ。わかっているけれど、好きなものはしょうがない。

ってかね、骨格に合うっていうのは、すっきり見えるってだけだし、自分がなりたい雰囲気が優先でいいじゃん?

もちろん、苦手アイテムってわかっていることで、じゃあ首回りがすっきりするようほかで工夫しようと考えることは大事だと思うよ。私の場合は、髪型を変えた。首回りスッキリして、襟が詰まっていてもちょっとはいい感じになったと思う。

ちなみに、パーソナルカラーでブルベ夏だけど、好きな色はイエベ秋系。だから、トップスはブルベ夏を意識するけれど、ボトムスは好きな色をもってきている。

そんな感じに、自分の好きな服を着た上で、そこそこはすっきり明るく見えるよう工夫する道を選んだ。Vラインはさ、カメオのネックレスを長めにつけてつくるよ。

ってか本当はトップスがほしくてニットで探していたんだけど、私はブラウスが好きなんだなーって思ったのよ。まあ、ニットもいいんだけど、私はずっとオーバーサイズや着膨れで太っていると思っていたから、体のラインを出すようになってくびれのおかげでほっそり見えて(細くはないけれど、全体のメリハリのおかげで細いと錯覚できる)、すごくうれしかったの。だからくびれができるようにしたい。それならば、ニットなら薄手。でも薄いと肉厚拾いすぎて無理。厚みのあるニットはくびれが消えるからヤダ。

そうやっていろいろ試着してうだうだ考えた結果、ブラウスで好きなの買おう、なのよ。

今年はヒートテックを駆使して、ブラウスメインでどうにか冬を過ごしたいな。いろいろ試してみるぞ。